MicroStation PowerDraftマクロの使い方 その14

MicroStation PowerDraftマクロの14回目です。



今回は、点がポリゴンの内側に存在するかをチェックするときに使う

関数Point3dInPolygonXYを紹介したいと思います。

long = object.Point3dInPolygonXY (Point, PolygonVertices)
第一引数に点の座標、第二引数にポリゴンの点の配列を渡します。

この関数の返り値はlongで1, 0, -1が返ってきます。

点とポリゴンの位置関係によって

関数からどの値が返ってくるのかを見ていきます。

まずは点がポリゴンの内側にあるとき

ws000001

1が返ってきます。

次に点がポリゴンの線上にあるとき

ws000003

 

0が返ってきます。

最後に点がポリゴンの外側にあるとき

ws000002

-1が返ってきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。