PHPで各種ドキュメントを入出力するためのライブラリの紹介

今回はPHPで各種ドキュメントを入出力するための
ライブラリの紹介を行おうと思います。
今回扱うドキュメントの種類は
・PDFファイル
・excelファイル
・wordファイル
の3種となります。

またライブラリ関係は
古い情報では役に立たない場合が多々あるので
ネットで情報収集する場合は
記事の日付にご注意ください。

以下の情報は2015年8月時点のものです。



1,PDFファイル
ファイルを1から作成するだけであれば、
TCPDFがあれば一通りのことができます。
(Sourceforge.netに公式ダウンローダがあるのですが
利用したくない場合は、有志によるクローンサイトの
こちらも利用可能です。) 
ライセンスはLGPLv3です。
設置方法・使い方はこちら
日本語版解説がわかりやすいです。

また手元にあるPDFをPHPで加工したい
(署名を入れたい、表を埋めたい、etc.)場合は
FPDIと前述のTCPDFを組み合わせる形が
お手軽です。
こちらのライセンスはApache License 2.0となります。
使い方はこちらの日本語記事がわかりやすいです。
(リンク先のコメントにありますが、
一部情報が古くなっている部分があります。)

またFPDIを使う際の最大の注意点は有償パーサ
導入しないと、PDF version 1.5 以上(Acrobat 6.0以降に対応)の
PDFファイルは読み込めないという点です。
PDFファイルのバージョンを変更する必要が出る場合が
ありますので利用するファイルの事前確認は必須です。

2,Excelファイル・Wordファイル
これが今回の記事を書くきっかけになった話です。
PHPにはPHPExcel、PHPWordというライブラリがあるのですが
それぞれのライブラリ名で検索すると上位に表示される
こちらこちら
いずれも最新のライブラリ配布場所ではなくなっています。

最新のライブラリ配布場所は
PHPExcel
PHPWord
です。
ライセンスはLGPLです。

PHPExcelの操作に関してはこちらがまとまっています。
PHPWordに関しては前述の古いサイトの方で開発が2011年のβで
止まっているように見えることからだと思いますが、
ドキュメントが充実していません。
日本語で参考になるのはこちらぐらいだと思います。
あとは公式のAPIドキュメント
読む方が早そうです。

以上、ライブラリの入手場所と使用時の注意、
利用例に絞って現状を説明しました。

お役に立てば幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。