アマミヒラタクワガタ

2009年 現地採集のの幼虫を購入し、成虫に育てたものを撮影 奄美大島に棲息する独特の形の大型ヒラタクワガタです。 大きく湾曲したアゴと太くガッチリした体が特徴のようですが、特に大きく育ちました。

2021年 ガイドの西さんにジャングルの中を案内頂き撮影、多くのものは2枚の写真の様に小さいサイズであったが、一頭は西さんが発見した大きなもので、西さんでもほぼ見ない野生ではレアなサイズとのこと。

分布:奄美諸島(奄美大島、加計呂麻島、請島、与路島、喜界島)

体長:23~74mm程度

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

14 − ten =