オオシマセンチコガネ

2021年 奄美大島のジャングルのわずかに水の流れる小川にて(ハブの多い場所)にてガイドの西さんがアマミノクロウサギの糞の下で見つけて頂いた一品です。写真に写っている丸い3粒がアマミノクロウサギの糞です。

分布:奄美大島・徳之島

体長:6mm程度

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

16 − seven =